新城(あらぐすく)島
新城島 新城島の街並み
新城島(上地) 新城島内の街並み
 西表島の南東にある有人島で、ほとんど平坦な隆起珊瑚の島です。上地、下地のふたつの島から成りますが、もともとひとつの島だったのが、江戸時代の大津波でふたつに分断されたのだそうです。新城島は西表ではもっぱら“パナリ”と呼ばれますが、“パナリ”とは“離れ”ということで、西表から見て離れ島という意味です。ここには、かつてはたくさんの人が住んでいたのですが、近年過疎化が進み、現在では島に住民票を置く人は二人だけだそうです。島内には人魚伝説のモデルとなったジュゴンを祀った人魚神社などがあり、街並みは“いかにも八重山”といった感じの素朴なたたずまいです。
 新城島へは、マリン海遊が大原からツアー船を出しているのと、南風見ぱぴよんなどのカヌーツアーで行くことができます。 

西表島の観光に戻るトップページに戻る