凡例



写   真


 
標準和名
標準和名の漢字表記
科  名
学  名
学名のカタカナ表記


解説文


 各種解説の構成は左の通りです。標準和名、学名等は最新の貝類図鑑である奥谷喬司編の日本近海産貝類図鑑(東海大出版会,2000年刊)に従いました。
 この規範では、ソデボラ(スイショウガイ)科、タカラガイ科、イモガイ科の貝類については欧米の粗分類が採用され、ソデボラ科ではほとんどが Strombus 属、タカラガイ科では Cypraea 1属、イモガイ科では Conus 1属に統合されています。しかし、他科の分類基準と比較してこの扱いは妥当ではないと思われるので、従来の属名(この規範での亜属名)を採用しました。
 学名のカタカナ表記はこのサイトにある学名の読み方に従っていますが、長音の区別はしていません。種以下の“型”などに和名が与えられている場合、煩雑を避けるために学名にはforma、var.など以下の表記は省略しました。


このページを閉じる

検索サイトからお越しの方、このサイトのトップページはこちらです。