サイト内検索 AND OR
西表島貝類館
 西表島は黒潮の流れの真ん中に位置するために真冬でも海水温が20℃を下回ることはありません。年間の平均海水温は25.3℃で、このような温暖な海洋環境が色とりどりの珊瑚を育み、豊富な熱帯性魚介類の楽園となっています。とりわけ貝類は、タカラガイ類、イモガイ類、ソデガイ類などをはじめとして南方系のさまざまな美しい種がみられ、西表の海はさながら天然の宝石箱のようです。
 このサイトでは、西表島の貝類(有殻の軟体動物)についてその魅力を余すところなくご紹介します。自然の造形美のすばらしさをお楽しみ下さい。

 なお、ページによっては多くの写真を含むので、ナローバンドの環境でご覧の場合はページの表示に時間がかかることがあります。ご不便をおかけして恐縮ですが、ページが完全に表示されるまで少々気長にお待ち下さい。
CONTENTS
貝類の分類、生態、産業的価値などについての概説です 貝の採集と標本作成法について詳しく説明しています
珊瑚礁の貝を種ごとに解説します 砂地の貝を種ごとに解説します
岩場の貝を種ごとに解説します 干潟と汽水の貝を種ごとに解説します
淡水と陸の貝を種ごとに解説します 西表島貝類館館長の紹介です
このサイトの親サイトです サイト公開2005年7月18日